走行距離と査定額の関係

クルマ売る,車売る

走行距離と査定額の関係について知っておくことは、車売るタイミングにおいては、絶対に必要不可欠であると言っても、決して過言ではありません。

 

もしこの関係について知っておけば、一括査定をして車売る際に非常に得をします。では、走行距離と査定額ですが、一体どのような関係になっているのでしょうか。

 

走行距離と査定額は比例する

これに関しては、走行距離が多ければ多いほど、査定額はダウンする傾向にあると言って良いでしょう。
というのも、走行距離が長いということは車もそれだけダメージを受けていることになるのですから、
査定額が下がるのは当然と言えば当然のことなのです。

 

一般的には、走行距離が

  • 0から5000キロメートル以内
  • 5000から1万キロメートル以内
  • 1万キロメートルを超える

という3つのカテゴリーの中でどれに該当するかで大まかに決められるのです。
もちろんですが、走行距離が0から5000キロメートル以内のパターンが
最も査定額が高く出た状態で車売ることに繋げていけます。

 

3つのカテゴリーに該当したら、次はより細かく走行距離について見ていきます。
同じカテゴリーに属していても、細かい走行距離は異なってきますから、
この点についてもチェックをするのは欠かすことができません。

 

実際にどこの一括査定を使っても、走行距離に関して細かく質問してくることは多々あります。
というのも、詳細に関して質問することで、より的確な査定額を示すことが可能になるからです。

 

↓↓下取価格を高くしたいなら現状の査定額を確認!30万円も違う時があります↓↓

ズバット車買取比較


>>少しの作業で30万円も査定額をアップさせる特別な方法はこちらから<<